« フリュティエ(三回目) | トップページ | とまとラーメン@我馬 »

2016年8月 9日 (火)

純米吟醸「栄光冨士」朝顔ラベル

Dc071010安永7(1778)年創業
山形県鶴岡市の富士酒造

榮光冨士 仙龍
純米吟醸無濾過生原酒
を先日飲んだのです
その一升瓶の栓が不良
お酒が冷蔵庫に漏れました
蔵に連絡するとお詫びに
これが送ってきました

さわやかな柑橘系の香り
開栓後時間の経過と共に
マイルドに旨みが増してきます

Dc080901

Dc071011

このようなことがあって初めて知りました。
横置きの漏れは保証の対象ではないそうです。
でも、一般家庭に一升瓶を縦に置ける冷蔵庫はありません。
どうすればいいのでしょう。
ただ、これまでこのようなことはなかったので、
今回の栓が不良品だったのではないでしょうか。
栓を押し込むとすぐにじわっと上がってくるのです。
実はつい先日、又同じことが起こりました。
獺祭等外の四合瓶、ねじ式ではない栓です。
気がついたので難を逃れました。
発泡性のものは別にして、
横置きでも大丈夫な栓を開発してほしいものです。
まあ、ほとんどは問題ないとは思うのですが。

|

« フリュティエ(三回目) | トップページ | とまとラーメン@我馬 »

お酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 純米吟醸「栄光冨士」朝顔ラベル:

« フリュティエ(三回目) | トップページ | とまとラーメン@我馬 »