« 日本酒の会@リーガトップ | トップページ | バレンタインデー2016 »

2016年2月13日 (土)

川端康成歌碑

山辺の道&ちょこっと京都、その12。

Dc1205175

大和は國のまほろばたた奈づく靑かき山ごもれる大和し美し

桧原神社から西に下っていくと、井寺池があり、その堤にあります。

この碑の反対側には以下の文章。
昭和47年1月21日、故川端康成先生は、この堤に佇たれて大和国原の暮色を眺められた。ここに秀子未亡人のお心づかいにより、ノーベル文学賞受賞記念講演の「美しい日本の私」の原稿から御筆蹟を撰んで、故先生御指定の処に御指示の通り「国偲び歌」の碑を建てる。 昭和四十七年十一月 桜井市

倭健命の絶唱を書くのは気が引ける、とかなんとか言っているうちに、この年の四月、川端は自殺。で、上のようなことになったようです。

Dc1205179

池の左の方に碑はあるのですがよく見えません。周りの景色の邪魔にならないよう碑は低く、という川端の意向があったそうです。

Dc1205367

碑の建っているところから東を見ると、もう一つ池があり(名前は下にあるものと同じ井寺池のようです)、三輪山がはっきり見えます。

Dc1205178

西を見ると真ん中に、箸墓古墳、左奥には二上山、写真には写っていませんが、左の方に大和三山。碑は絶好の位置にあります。

|

« 日本酒の会@リーガトップ | トップページ | バレンタインデー2016 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2206241/63842051

この記事へのトラックバック一覧です: 川端康成歌碑:

« 日本酒の会@リーガトップ | トップページ | バレンタインデー2016 »