« マルコリーニビスキュイ | トップページ | 一升パン »

2016年2月 1日 (月)

纏向遺跡

山辺の道&ちょこっと京都、その9。

Dc1205326

二日目の散策はJR桜井線の巻向駅(電車が止まっている所)から出発。奥は三輪山。写真を撮っている辺りが纏向遺跡の中心地と思われる、建物群の遺構が発掘された辻地区。調査後に埋め戻され、今は何もありません。纏向遺跡は、六つの古墳を含む広大な地域で、邪馬台国の候補地だったり、初期ヤマト政権発祥の地と言われています。

Dc1205327

山の方、東へ向かうと、垂仁(すいにん)天皇の纏向珠城宮(まくむくのたまきのみや)跡の碑。碑が建っているだけです。垂仁天皇は第11代。前日、第10代崇神天皇の磯城瑞籬宮(しきのみずがきのみや)跡を訪れました(こちら)。ここから更に東の山の方には、第12代景行天皇の纏向日代宮(まきむくひしろのみや)跡があります。

Dc1205328

ちょっと進むとこの案内板、まっすぐの予定でしたが、景行天皇陵が近いので行ってみることにしました。

Dc1205329

写真では判りにくいと思いますが、巨大です。

Dc1205330

前方後円墳なのですが、上空から見ないと形は判りません。

Dc1205331

正面は荘厳な雰囲気です。が、この日(12月4日)・・・

Dc1205333

何やら人がウジャウジャ、発掘現場を報道陣に公開する日でした。

|

« マルコリーニビスキュイ | トップページ | 一升パン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2206241/63625005

この記事へのトラックバック一覧です: 纏向遺跡:

« マルコリーニビスキュイ | トップページ | 一升パン »