« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

西条酒蔵見学と新酒を楽しむ会(続)

昨日の続きです。見学が終わり、蔵関係者も参加しての懇親会。会場は、西条駅の近く、ホテルヴァンコーネル3F、憩いの料亭白竜湖。

Dc022830

料理はまあそれなりでしょうか。

Dc022831

Dc022832

Dc022833

Dc022838

Dc022839

お酒は充分、いろいろ出て来ました。印象に残ったもの:

Dc022834
これはかなりの高級品、旨い。

Dc022841
これも高級品。

Dc022844
これはまだ発売されていないものだそうです。

Dc022835
このラベルのデザイン、見たことありません。新しく作ったものではなく、以前から蔵の中にあったものだそうです。○の中は何を表してるか?――上が鳥(カモ)下が水(泉)――50点――(考えました、ジッと見詰めました、見えました)漢字の泉――100点――を頂きました。賀茂泉の副社長、よく喋る面白い人です。

10時頃からの飲酒、控えめにしました。晩酌もなし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月28日 (日)

西条酒蔵見学と新酒を楽しむ会

Dc022821

西条へ酒蔵見学に行きました。

Dc022804

先ず亀齢酒造。参加者全員で記念撮影後、十数人の班で行動。

Dc022802

我が班はここで7種類の利き酒、なんと10時前から飲酒です。

Dc022806

次は賀茂泉酒造。造りの合間で設備の見学だけ。

Dc022810

しかし、いいものを見せて貰いました。重森三玲作の「壽延庭」。

Dc022809

左端に山口誓子の句碑、「寒庭に白砂しきつめ酒づくり」。

Dc022813

お酒のラベルにもなっている書。
さすたけの 君がすゝむるうまさけにわれ酔いにけり そのうまさけに
良寛 歌 海雲 書

Dc022820

次は西条鶴酒蔵。

Dc022815

見学後、搾り中のお酒(アルコール13度の原酒)を試飲。

Dc022818

さらに、この三種類の新酒も。

Dc022829

最後は亀齢酒造第五号蔵。懇切丁寧な、見学・説明でした。

Dc022827

ここでも右のタンクに垂れてきているお酒(純米大吟醸)を試飲。

これにて午前の部終了。続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月27日 (土)

雨後の月大吟醸ショコラ

バレンタインデーに貰ったチョコ。

Dc021415

以下、酒商山田の説明から引用。

「雨後の月」と名パティシエのコラボショコラ♪
「パティスリー グラン クラシック」(中区鶴見町)のオーナーパティシエ・片岡泰晴さんは、メディア出演も多い有名パティシエ・辻口博啓ブランドの名古屋店である「フォルテシモ アッシュ」にて総括責任者を勤めた後、独立して地元・広島に最近お店をオープンしたばかりです。師匠の辻口パティシエも「片岡のお店がさらに大きく発展することを確信しました」と太鼓判。新進気鋭ながら指折りの腕をもつパティシエなのです。
その片岡さんに昨年秋、雨後の月とコラボのチョコレート製造を依頼しました。
大吟醸チョコといえば、チョコの真ん中の空洞に大吟醸を混ぜた水あめやシロップを入れた「ボンボン」が相場ですが、さすが一流パティシエ、それをせず、直接チョコレートのなかに練りこみつつ、いかにして大吟醸の風味を出すかにチャレンジしました。ところが、これが難関。詳しいところはうまく説明できませんが、簡単に言うと、チョコレートの油脂がお酒の香味を吸収してしまってなかなか大吟醸の香りが出ないのだそうです。試行錯誤を繰り返し、大吟醸と大吟粕とホワイトチョコを巧みに溶けあわせて、できあがったのが昨年末。箱のデザインにも片岡パティシエのこだわりがあって試作を繰り返し、バレンタインに間に合うかどうか冷や冷やでしたが見事に素晴らしい味わいが完成いたしました。ふんだんに用いた大吟醸は、「雨後の月大吟醸‘月光’」です。
「パティスリー グラン クラシック」と酒商山田3店舗のほかは、東京銀座の広島ブランドショップ「TAU(たう)」など全国で数軒のみの限定販売です。

Dc021802

大吟醸とその酒粕、そして、ホワイトチョコが不思議に溶け合い、外側のチョコと見事なハーモニー、ほっぺた震える美味しさです。

*****

中国新聞主催、JR西などの協賛で、「広島みやげの新定番」発掘プロジェクト、「新!広島みやげグランプリ2016」というものが開催されています。応募されたものから予備審査を通過した27ノミネート商品が先日発表されました。この雨後の月大吟醸ショコラが入っています。受賞の5商品は3月下旬発表予定だそうです。

*****

見事「委員会賞」5アイテムのひとつに選ばれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月26日 (金)

ランチ@コメダ珈琲店

久し振りに、コメダ珈琲店(こちら)へ。

Dc022607
あみ焼きチキンホットサンド、760円。

Dc022609
ミックストースト、580円。

Dc022612
たっぷりたまごのピザトースト、650円。

Dc022610
ミニシロノワール、400円。

Dc022606
たっぷりブレンドコーヒー、520円。

これだけを、3人+一歳児で頂きました。満腹です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月25日 (木)

日本酒銘酒会16年2月

昨夜、ANAクラウンプラザホテル5階、日本料理雲海にて。

Dc022521_2

「次世代を担う作り手の銘酒、新酒を楽しむ。」、がテーマ。

Dc022522

ほとんどが、若い杜氏の蔵だそうです。

Dc022502

22種類、完全制覇、王禄、萩の鶴、が印象に残りました。

Dc022501

Dc022508
酒の友。左上、赤貝うるい山葵浸し、特に美味。

Dc022510
作り。

Dc022511
煮物。大根旨い。

Dc022513
合肴。鯵が上品になっています。

Dc022516
揚物。

Dc022518
食事替。

Dc022520
水菓子。

美味しいお酒と料理の数々、ちょっと飲み過ぎの、素敵な夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月24日 (水)

純米雄町「多賀治」

Dc012810岡山県倉敷市
天明5(1785)年創業
十八盛酒蔵
今は八代目
五代目の名が多賀治

無濾過生原酒
限定直汲み

精米歩合68%のためか
米の旨み濃厚
痺れる酸味
私の好みにピッタリ
万人受けはしないかも

Dc022305

Dc022307

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月23日 (火)

ワンタンメン@きよちゃん

Dc022302

中区立町3-21、創業昭和四十八年と書いてあるように昔からあるお店です。しかし、こちらに書いたように、創業者が高齢で引退、娘夫婦が引き継ぎましたが、久し振りに行ってみると、若い男性が一人でやっていました。

Dc022303

ワンタンメン、800円。昔、ここのワンタンメンは売り切れが多く、滅多にお目にかかれないものでした。今日は一時過ぎでもスンナリ、ですが、丼の上の方に見えているとおり、4コ5コありますがペラペラです。スープも益々アッサリ系、お決まりのコショウもかかっていません。お値段も、中華そばが650円、値上がりです。現在は別の店になったように感じました。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月22日 (月)

うろん釜"だし

Dc022208

博多ラーメン我馬プロデュース、博多うどんのお店。紙屋町に移転した我馬中町店があった所に、18日に開店したばかりです。カウンター10席ほど、8人掛けの大きなテーブルが3つ、1時を過ぎていた為か客は多くありませんでした。店名は、うろん釜だし、ではなく、釜に濁点が付いています。釜"(がま)。

Dc022207

昔博多で食べた時、うどんにはごぼう天だ、と聞いたので、ごぼう天うどん、650円、を注文。因みに一番安いのは、かけうどん、450円。麺はお約束の、ふんわりモッチリ。出汁は薄味で美味、昆布も入っているようですが、煮干しの風味がいい感じ。最後に七味をちょっと入れてみました。変化を楽しめますが、そのままが好みです。

Dc022209

「ガマ」ガエルが釜の蓋を頭に乗せています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

SWEETS LABO Laugh & Rough

Dc022106

スイーツラボ「ラフ&ラフ」、先月オープンした低糖プリンのお店。

Dc022108

素敵な内装。プリンは奥の冷蔵庫に。

Dc022101_2

これが店主の思い。上と下、クリックで少し拡大します。

Dc012217_2

プリンは二種類、それぞれ350円。

Dc022114
砂糖を使っていないとは思えない美味しさ。

Dc012211
こちらもトロトロです。

Dc021427
これはバレンタインスペシャル、やさしみチョコプリン。

Dc022110
焼き菓子もあります。
Dc022117

Dc022102

Dc012216

LとRの違いはあるけれど、日本語ではラフラフと二つ重ねの語呂のいい店名、LAUGH「笑い」と「?」だったのですが、ROUGHには「素朴な」という意味もあるようです。

*** 後日追加
やさしみいちごミルクプリン@ラフラフ カップシフォンケーキ@ラフラフ 
SWEETS LABO Laugh & Rough 一周年 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)

クァウテモック

バレンタインデーに貰ったチョコレート。

Dc021426

デジレ―、というブランドは2016年日本初上陸とのこと。しかし、ベルギーの古都ブルージュで1903年創設という記述もあります、が、どうやらこれは、ダスカリデス、というブランドで、ここのショコラティエがデジレーに移ったそうです。結局、ダスカリデスがデジレーになったということなのか?

次もまた謎のブランド。これら二つともラベルに、ベルギー直輸入チョコレート 有限会社 ダスカジャパン クァウテモック、と書いてあります。

Dc021423

クァウテモックというブランドは、10年目、バレンタインなどイベントのみで展開、期間限定、日本限定、のようです。ベルギーの選りすぐりのショコラ、という記述もあります。どういうこと・・・?

まあいずれにせよ、年に一度のこの時期、高級で美味しいチョコレートを、有り難く、美味しく、感謝しながら頂いております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

でびっと

Dc021914

東京の品川区に本店があるラーメン屋、都内を中心に支店数店舗。そごう広島店、江戸情緒老舗くらべ(~22日)に出店中。

Dc021912

醤油豚骨らーめん、750円。適度な粘度のスープが多少細めの麺とよく絡みます。チャーシューもトロトロ、特に細切れが旨い。シャキシャキもやしがいいアクセントです。なかなかに美味しいラーメンでした。

店主のデビット伊東は元お笑い芸人、テレビ番組の企画で博多の一風堂に修行に行き、ラーメン屋に転身、芸能界から消えた時期もあったが、その後誘われてタレント業に復帰、二足の草鞋のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木)

箸墓古墳

山辺の道&ちょこっと京都、その13。

Dc1205372

北の方から見た箸墓古墳。前方後円墳で、左が後円、右が前方の部分、前方から後円の方向は真東ではなく、北へ30度、冬至の日の出の方向を指しています。ここから真東へ行くと三輪山を越え、長谷寺、室生寺、伊勢斎宮、海の中の神島、西に行くと、淡路島の伊勢の森、などなど、古墳や神社、史跡がたくさんあるとのこと、北緯34度32分、太陽の道と言われるものです。

Dc1205373

先程の地点から右の方へ進むと、箸中大池、ため池100選(こんなものがあるのですね!)の一つ、古墳のこの北西側だけが池です。

Dc1205184

もう少し進むと碑があります。
「大坂尓継ぎ登れる石群を手逓伝に越さば越しかてむかも」
おほさかに つぎのぼれる いしむらを たごしにこさば こしかてむかも
(大坂山に 下から上までつづいている石は なかなか重くて大変だが 人々が並んで登って 手渡しで渡して行けば 渡せるだろうかなあ)
揮毫者・樋口隆康(考古学者)
日本書紀の歌謡(古墳を作る時大坂山から石を運んだ)

Dc1205186

前方部の拝所。

Dc1205185

宮内庁により「大市墓(おおいちのはか)」として、第七代孝霊天皇皇女、倭迹迹姫命(やまとととびめのみこと)の墓とされている。卑弥呼の墓という説もあります。真相や如何に。

Dc1205377

西の方から。周囲には住宅などがあり、厳粛な雰囲気なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月17日 (水)

ベッカライベック

Dc021508

先月21日にオープンした、ドイツパンのお店。

Dc021514

間口は狭いが、奥行きはあります。一番奥にイートインスペースがあるようです。パンはこのようにケースに入っています。

Dc021516

こんなかわいい箱に入れてくれます。

ラウゲン・プレッツエル、170円。
Dc021518
定番、ドイツのおつまみパン。

ケーゼ・プレッツエル、200円。
Dc021517
チーズたっぷり。

ロジーネン・クリームチーズ、220円。
Dc021521
レーズン入り。
Dc021522

ゴルゴン・メアコーン・ブローツェン、180円。
Dc021519
雑穀パンにチーズ。
Dc021520

はるコッペ、300円。
Dc021523
「はるゆたか」100%、しっとりバケット。
Dc021525

中区鉄砲町1-25、女学院前交差点の東、すぐ南側。
宇品にあるベック(こちら)と関係があるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月16日 (火)

「百十郎」キュベ・ジャポン

Dc020908岐阜県各務原市の林本店
大正9(1920)年創業

なんといってもこのラベル
和紙アート職人ちえこ作
凄い存在感

口に含むと先ず辛さ
すぐに旨みや甘みなどが
ドドッと押し寄せサッと喉へ
開栓後数日で
まろやかな味わいに変化
ここ最近で一番の旨さ

Dc021110

CUVEE、は仏語でワインの発酵槽(一杯分)、JAPON、は日本。
書いてあるフランス語の意味、大凡以下のようなことだと思います:
何かを始めるのに遅すぎるということは決してない。念入りに作り上げる新しい方法、新しい精神。今年、醸造所林本店は新たな出発をした。日本を象徴するものとなるため、我々の酒に新しい風を吹き込むことを望んでいる。こうして、百十郎キュベ・ジャポンは生まれた。

Dc020821

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

スズメバチカレー

Dc021503

大阪が本店のカレー屋、東京にも進出しているようです。凄く辛くて、汗がタラタラ流れる、という噂を聞きました。

Dc021504

カレーライス、800円。多少辛くて、チョット汗が出るくらい、味は悪くはないが。食べ終わると、「辛さはどうでしたか」、と店員に聞かれました、客の反応を見ているとのこと。それよりは、店としての主張をだしてもいいのではないでしょうか。結構いい値段、辛さ指定は出来ない、となると、素材の良さを感じるにしても、コストパフォーマンスがイマイチだと思ってしまいます。

Dc021526

今日が開店日でした。旧こはる亭(こちら)があった所。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

バレンタインデー2016

バレンタインデーに貰ったチョコレート。

Dc021404_2
遠くに居る孫から。
Dc021408_2
一生懸命の手作りチョコです。
Dc021406_2
有り難く、美味しく、頂きました。

身内から。

Dc021421

Dc021410

Dc021417

Dc021424

まだ食べてないので、後日紹介予定。

Dc021409
身内じゃないところからもチョコっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

川端康成歌碑

山辺の道&ちょこっと京都、その12。

Dc1205175

大和は國のまほろばたた奈づく靑かき山ごもれる大和し美し

桧原神社から西に下っていくと、井寺池があり、その堤にあります。

この碑の反対側には以下の文章。
昭和47年1月21日、故川端康成先生は、この堤に佇たれて大和国原の暮色を眺められた。ここに秀子未亡人のお心づかいにより、ノーベル文学賞受賞記念講演の「美しい日本の私」の原稿から御筆蹟を撰んで、故先生御指定の処に御指示の通り「国偲び歌」の碑を建てる。 昭和四十七年十一月 桜井市

倭健命の絶唱を書くのは気が引ける、とかなんとか言っているうちに、この年の四月、川端は自殺。で、上のようなことになったようです。

Dc1205179

池の左の方に碑はあるのですがよく見えません。周りの景色の邪魔にならないよう碑は低く、という川端の意向があったそうです。

Dc1205367

碑の建っているところから東を見ると、もう一つ池があり(名前は下にあるものと同じ井寺池のようです)、三輪山がはっきり見えます。

Dc1205178

西を見ると真ん中に、箸墓古墳、左奥には二上山、写真には写っていませんが、左の方に大和三山。碑は絶好の位置にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月12日 (金)

日本酒の会@リーガトップ

Sake0014

昨夜、リーガロイヤルホテル広島、33階リーガトップで行われた会です。30種類のお酒がありました。少しずつ20種類チョット頂きました。

Sake0001

下半分の古いお酒を飲むのがメインの会です。日本酒は熟成させると旨くなる、ということは、やり方やお酒に質にもよるのでしょうが、必ずしも正しいとは言えないようです。段々酔っ払って味がわからなくなったのですが、印象に残ったのは、山口県中島屋酒造場の中島屋、奈良県千代酒造の篠峯、でした。

Sake0003
お料理、小さい写真は一人分。

Sake0004
大きい写真は四人分。

Sake0005

Sake0006
エスカルゴ。

Sake0007
オマール海老。

Sake0009

最後はアイスクリームのデザート、写真忘却。

広島の夜景を見ながら楽しい時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

桧原神社

山辺の道&ちょこっと京都、その11。

Dc1205364

桧原神社は三輪山の麓にあります。

Dc1205363

大神神社の摂社です。

Dc1205166

大神神社と同じ、三ッ鳥居。祭神は天照大御神。皇祖である大御神は宮中に祀られていましたが、第十代崇神天皇の御代にここに遷されました。伊勢へ御遷幸後も引き続き祀られ、この地は「元伊勢」と呼ばれています。境内を掃き清めている人がいるだけ、荘厳な雰囲気です。

Dc1205172

桧原神社鳥居から西を見ると、彼方に二上山が見えます。二瘤ラクダのような山です。右の瘤、雄岳の山上に大津皇子の墓があり、皇子の姉、大伯皇女(おおくのひめみこ)が詠んだ有名な歌が思い出されます。「現身(うつせみ)の人なる吾や明日よりは二上山を弟背(いもせ)と吾が見む」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月10日 (水)

Lien(リアン)のパンたち(その2)

リアン(こちら)のパン。

Dc032432
チョコパン、100円。
Dc032433

Dc032434
シナモンロール、100円。
Dc032435

Dc022501
クルミパン、60円。
Dc022502

Dc022503
クルミいちじく、170円。
Dc022505

Dc020518
ほうれん草パン、70円。
Dc020519

Dc020524
鳴門渦潮ぱん、180円。
Dc020525

Dc020516
バターロール、60円。
Dc020523

Dc020526
チャパタ、80円。
Dc020527
以前このお店でチャパタを購入しましたが、もっとふっくらしていました。チャパタ=(イタリア語で)スリッパ、ならば、この形の方がスリッパに見えます。

Dc020501
久しぶりに行ったら、販売スペースがこれだけになっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

和田党広島新天地店

Dc020907

和田党のはじまりは、2010年8月、金田家和田党広島宝町(こちら)の開店です。金田家は福岡県行橋市の有名店、その支店という感じでした。しばらくして、頭に付いていた「金田家」がなくなります。恐らく独立したのでしょう。その後、発祥のお店がなくなり、霞町にあった支店(こちら)も閉店し、現在は、2号店だったここと、広島駅前店、安芸宮島口店があるようです。

Dc020904

看板メニューの、あぐー豚らーめん、700円。見るからに九州のラーメン、私の好みです。美味しいと思います。

中区新天地1-27、八丁堀交差点を南、二つ目の堀川町交差点を東へ、南側すぐ、カウンターだけ10席ぐらいです。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 8日 (月)

旬菜和洋 Koharu 亭

Dc020809

中区中町5-19、広島テレビの東側、一階・・

Dc020802

奥に細長いお店です。

ランチは、麺類が五種類、洋食が五種類、全て900円。

Dc020806

週替わりラーメンセット。サラダと小鉢、御飯チョットとキムチ。

Dc020807

麺を引っ張り出してアップ。具沢山です。柚子が多量、下の方にアサリがゴロゴロ。これは美味しいラーメンです。次は、汁なし担担麺、オムライス、などなど、気になる他のメニューを食べに行こう。

こはる亭は以前、並木通りにあり、カウンターだけ、10席ぐらいでした(こちら)。三年ほど前に移転、今はその三倍は入りそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 7日 (日)

牡蠣バターらーめん@さんや

さんや(こちら)の季節限定メニュー。

店頭、店内の提示。「冬季限定 1日限定10食 牡蠣バターらーめん 900円(税込) この時期にしか食べれません!瀬戸内の恵!牡蠣のたっぷりのエキスとバターのコクがたまらない逸品です!」

Dc020703

見るからに美味しそうな、プリップリの牡蠣!バターのコクは抑え気味で上品なスープ、麺は加水率低めで私の好み、大きめのトロトロチャーシュー、これは当に逸品です。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

サンドイッチの日@燻製シマヘイ

燻製シマヘイ(こちら)は金曜日と土曜日がサンドイッチの日になっています。パンはカドナ(こちら)のものです。

バジルソーセージテリーヌのバゲットサンド、230円。
Dc020509

ササミ燻製と水菜のサンド、250円。
Dc020506
胚芽食パン、ハーブ味のササミ燻製と水菜のサラダ。

燻製も購入。

せせりジャーキー(醤油味)、330円。
Dc020514

ぐるぐるソーセージ、500円。瀬戸もみじ豚使用。
Dc020512_2
実はこれ、燻製ではありません。
Dc020532_3
焼いて頂きます。

Dc020502

サンドイッチ、燻製を求めて、また行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

立春朝搾り2016

Dc020403昨日、2月4日は立春。
暦の上で春の始まりの日、
この朝搾ったばかりのお酒が
幸せなことにその日に飲めます。
搾る日が決まっているということは
蔵にとっては大変なことだそうです。
日本名門酒会が提唱する行事で
今年が19回目、参加は38蔵。
広島では、賀茂泉、だけ。

ここ数年飲んでいますが、
今年が一番のフレッシュ感、
少し辛めで口当たりスッキリ。

Dc020406

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 4日 (木)

福酒の会

かなわ(こちら)、移転後初のお酒の会、昨夜のことです。

Dc020325

お酒は五種類。上と下、左右が逆になっています。

Dc020346

戦勝正宗、鍋島、が好みでした。

Dc020401

Dc020327
牛のアキレス腱、コリコリ。

Dc020328

Dc020331

Dc020333
上から時計回りに、ヴァージンオイスター、烏賊寄せ、おた福豆、鰯天ぷら&鰯塩焼き・鬼卸し、かき分葱ぬた、中央が、大豆昆布。

Dc020336
守口大根はゴボウぐらいの細さ。

Dc020338
かきフライロール巻ずし、ロール=巻、では?

Dc020340
かなわの「かきパイ」、下に・・
Dc020343

お酒の調達先が変わり、お客も新しい人が多かった?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水)

珠城山古墳あたり

山辺の道&ちょこっと京都、その10。

景行天皇陵から山の方に行って山辺の道へ。

Dc1205337
無人の野菜売り場が目立ちます。購入する人がいるのか?
Dc1205338
道案内をかねているものも。

Dc1205149
南の方に古墳とおぼしきものが見えます。

Dc1205343
珠城山(たまきやま)古墳群で、三つが連なっていたのですが、西側の3号墳は土砂採取で殆ど失われました。

Dc1205346
東の1号墳の上に神社があります。

Dc1205155
ここから北を見ると、景行天皇陵が見えます、左上。この辺りを尾崎花(おさきはな)地区といって、辻地区の建物はここに移動したようです。纏向から初期ヤマト政権へと連なるところなのでしょう。

Dc1205349
野菜スタンド以外に、歌碑もたくさんあります。歌は柿ノ本人麻呂ものもが多く見られました。この碑に書かれている歌は:みわやまのまそゆうみじか木綿かくのみからに長くと思ひき(三輪山の山辺に懸けてある麻木綿は、短い木綿だ。かくも短いものであったのに、私は皇女の命をいつまでも長くと思い込んでいた)高市皇子・入江泰吉書。この辺りに関わりのある人が筆を振るったようです。入江は写真家、主に大和路の風景、仏像、行事などを撮影。他には学者の名前が多くありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

一升パン

Dc013113

 

孫の初誕生日。最近は一升餅以外に、一升パンというものも出来ています。右の iPhone6plus と比べて下さい。巨大です。直径30センチ、重量2キロ弱、ぐらい、袋に入れて背負わせました。まだ歩いていないので、ママが手を引いて。

 

Dc020201

 

フランスパンの生地で作られています、大きいので中はフワフワ。ポンパドウル(こちら)で購入、3000円+税。

 

個人的な話題ついでに、他のものも。

 

Dc013115
ばあちゃん作のケーキ。

 

Dc013117_2
ママ作のミニケーキ、1の赤いロウソク。

 

Dc013135
ママ作のお祝いプレート。

 

定番の鯛と赤飯、寿司などもあり、楽しい一日、孫の蝶ネクタイ姿がかわいかった! 実は、皆が集まりやすいので、二日前の日曜日のことでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

纏向遺跡

山辺の道&ちょこっと京都、その9。

Dc1205326

二日目の散策はJR桜井線の巻向駅(電車が止まっている所)から出発。奥は三輪山。写真を撮っている辺りが纏向遺跡の中心地と思われる、建物群の遺構が発掘された辻地区。調査後に埋め戻され、今は何もありません。纏向遺跡は、六つの古墳を含む広大な地域で、邪馬台国の候補地だったり、初期ヤマト政権発祥の地と言われています。

Dc1205327

山の方、東へ向かうと、垂仁(すいにん)天皇の纏向珠城宮(まくむくのたまきのみや)跡の碑。碑が建っているだけです。垂仁天皇は第11代。前日、第10代崇神天皇の磯城瑞籬宮(しきのみずがきのみや)跡を訪れました(こちら)。ここから更に東の山の方には、第12代景行天皇の纏向日代宮(まきむくひしろのみや)跡があります。

Dc1205328

ちょっと進むとこの案内板、まっすぐの予定でしたが、景行天皇陵が近いので行ってみることにしました。

Dc1205329

写真では判りにくいと思いますが、巨大です。

Dc1205330

前方後円墳なのですが、上空から見ないと形は判りません。

Dc1205331

正面は荘厳な雰囲気です。が、この日(12月4日)・・・

Dc1205333

何やら人がウジャウジャ、発掘現場を報道陣に公開する日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »