« クラフトセレクト第5弾 | トップページ | 純米吟醸「相模灘」 »

2016年1月10日 (日)

大神神社境内

山辺の道&ちょこっと京都、その3。

Dc120525

薬の神様・狭井神社への参道、久すり道を上ります。

Dc1205216

先ず現れるのが、磐座(いわくら)神社。社殿はなく、神の鎮まる堅固な石(磐座)をご神体とし、少彦名神(すくなひこなのかみ)を祀る。「農神さん」とも呼ばれる、薬の神様だそうです。

久すり道をちょっと離れ、大美和の杜展望台へ。

Dc120529
クリックで拡大します。

素晴らしい景色です。右の方に大鳥居が見えます。その左、耳成山、更にその左、畝傍山、もっと左、少し判りにくいのですが、奥の高い山並みの左、香具山、大和三山がばっちり、背後には三輪山。

Dc120533

ちょっと山を下って、久延彦(くえひこ)神社、知恵の神様。

Dc120535

久すり道に戻り奥へ。市杵島姫(いちきしまひめ)神社。九州宗像の神様である市杵島姫を祀る。海の神、水の神、芸能を司る弁天さまとしても親しまれている。この湖畔に・・・

Dc120537

三島由紀夫揮毫の「清明」記念碑。昭和四十一年、社務所に三泊参籠、山辺の道を散策、三輪山頂へ登拝、拝殿で神職の雅楽講習終了奉告祭に参列、いたく感動して、「清明」、「雲靉靆(あいたい)」と色紙に書いたとのこと。

|

« クラフトセレクト第5弾 | トップページ | 純米吟醸「相模灘」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2206241/63406829

この記事へのトラックバック一覧です: 大神神社境内:

« クラフトセレクト第5弾 | トップページ | 純米吟醸「相模灘」 »