« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

マルコリーニビスキュイ

Dc120724_2

ピエール・マルコリーニはベルギーのショコラティエ、彼が作る高級チョコレートのお店の名前にもなっています。世界数カ国に展開し、日本には6店舗あるようです。

Dc120726_2

その一店舗、グランスタ店(JR東京駅構内)だけでこのお菓子は販売されています。この箱に四つ、お値段なんと、2484円。

Dc121302

直径10センチ位。ちょっとビターなチョコレートは勿論美味、サクサクとシットリが共存しているビスケット、ジンジャーの風味がきいています。素晴らしいハーモニーです。息子夫婦のお土産、ご馳走様でした。

ピエール・マルコリーニのお菓子、以前も貰っています(こちら)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月30日 (土)

杜の蔵槽汲み純米生原酒

Dc012808明治31(1898)年創業
福岡県久留米市の杜の蔵

ラベルに書いてあるように
酒商山田の波多野さんが蔵に行き
六本のタンクの中から選びました

槽口から垂れてくるお酒を
そのまま瓶に詰めたものです

当然ピチピチ
穏やかな旨みと酸味
微かな辛さもあり
スッと喉に流れていきます

Dc012902

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月29日 (金)

奈良めし板焚屋

山辺の道&ちょこっと京都、その8。

Dc120582

いただきや、奈良市下三条町44-3、JR奈良駅前から東、三条通を少し進んで北側、店の前に鹿の剥製があります。

Dc120588

一階はL字カウンターとテーブル席、二階に座敷があるようです。私が座ったカウンター席の前には野菜がゴロゴロ。

Dc1205295

まずは突き出しとお酒。

Dc120592

お酒はお試し三種セット。奈良豊澤酒造のお酒、左から、無上盃、純米原酒、貴仙寿。美味しく頂いたという記憶しか残っていません。

Dc120594
採れたて野菜のかぶりつき。

Dc120595
チャンジャの葱まみれ。

Dc120598
三諸杉(みむろすぎ)どぶろく。

Dc1205290
結崎ねぶか晒し鯨。

Dc1205293
大和肉鶏と白葱の山椒。

Dc1205297
たけのこ芋(野菜が写っている写真の右上・巨大な里芋)唐揚。

Dc1205109
卵かけごはん。

これだけの飲み食いで五千円ぐらい。満足満腹。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月28日 (木)

永斗麺段原店

Dc012802

南区段原二丁目13-10、段原中央交差点の少し北、西側。
紙屋町のお店(こちら)の支店、一年ほど前に開店。

Dc012806

サンマらーめん(塩)、780円。サンマと豚肉、の割りには上品に仕上がっています。麺は細めでツルッとしていて、スープと好相性。旨いと思います。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月27日 (水)

槽垂れ生酒「一白水成」

Dc011902
秋田県 福禄寿酒造
元禄元(1688)年創業

「白」い米と「水」から「成」る
「一」番美味しい酒

酒米は契約栽培米「美山錦」

日本酒度+2 酸度1.2

柑橘系のほのかな香り
きれいな味わい
穏やかでふくよか

 
Dc012501

ラベルをうまく剥がせませんでした。
右下には:
日本酒 1.8L 詰
アルコール分16度
原材料名
米(国産)・米こうじ(国産米)
精米歩合50%
左側:
秋田県南秋田郡五城目町字下夕町48番地
福禄寿酒造株式会社
お酒は20歳になってから。

ラベルには水に漬けたら剥がれるもの、
逆に、水に漬けたら剥がれないものがあります
(この場合、慎重にゆっくり引っ張って剥がします)。
恐らく使用されている糊によるのではないでしょうか。
困るのはこのお酒のようなもの、
ラベルの材質が紙ではないと思います。
丁寧に引っ張ると剥がすことは出来ます、が
同時に、インク(塗料)も剥がれ落ちるのです。
何かいい方法をご存じの方、教えて下さい。

ラベルは剥がすものではない、との声あり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月26日 (火)

らーめん小道

Dc012601

安佐北区可部三丁目14-14、191号別れ交差点を東に突き当たった辺り、らーめん酒家「かべ3丁目」(こちら)があったところです。

Dc012602

店名を変えた以外は内も外も基本的に前のまま、かべ3丁目で働いていた若い女性が引き継いだとのこと、全体的にかわいくなった雰囲気はあります。

Dc012603

らーめん、550円。味も継承しているようですが、まろやかな旨さが際立っています。このネギとスープ、素晴らしい組み合わせ。お昼に旨いらーめん、至福の時です。とりがら系の、しょうゆらーめん、ソーキらーめん、を食べに行こう。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月25日 (月)

SUSHI-beya EITO

Dc012501

スシベヤエイト、並木通り、カレーの桃丘と同じビルです。

Dc012505

お薦めの、贅沢ランチ、SUSHI beya セット、2000円、を頂きました。先ず前菜、右下の揚げ物は、サーモンが巻いてあります。茶碗蒸しも美味。

Dc012508
クリックで拡大します。

見た目華やか、小寿司が8貫。右上と真ん中左は、干瓢巻にネタが載っています。下の真ん中はヒラメの縁側。右下はガリ。写真でも判ると思いますが、白くないシャリがあります。そして酢がほとんどきいてません。新しいジャンルの寿司なのでしょう。女性向きで、男にはコスパがよくない感じです。

Dc012518

地蔵通りに系列店があるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月24日 (日)

スーパーホテル

山辺の道&ちょこっと京都、その7。

一人旅、近くに温泉がない、ということで、便利なところにあるビジネスホテルに泊まりました。JR奈良駅の真ん前です。スーパーホテルは、名前はパッとしませんが、全国に100を越える店舗を持ち、タイ・ミャンマー・ベトナムにも進出しています。泊まったところの正式名称は、スーパーホテルJR奈良駅前・三条通り。

Dc1205129

中央が入口、目立たないので通り過ぎてしまいました。

Dc1205271

フロントは二階、室料、6200円、先払い、追加料金は発生しないシステム、チェックアウト手続きは必要なし、部屋に入る時は、ドアノブの上のボードに、パスワードを入れる、とても合理的です。朝食のサービスがあります、という言い方でしたが、要は朝食付き、ビュッフェ形式でなかなかのものでした。SANKOと書いてある上(フロントの奥)が食堂、食後は右の非常階段から外に出られます。

Dc120578

部屋はこんな感じ、充分です。翌朝の部屋からの景色・・・

Dc1205128

気に入りました。また来ることがあったら泊まろうと思います。

ついでに次の日の、ホテルサンルート京都。

Dc1205450

こちらはカードキーです。感心したのは、エレベーターにある安全対策、右下の黒いところにカードキーをかざさないと、行き先ボタンが押せません。

久し振りにビジネスホテルに泊まると、色々進歩していることが判りました。私が時代遅れになっているだけなのかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月23日 (土)

星@スター&プラチナ

何のことか判らないタイトルかも知れません。塩ラーメン「スター&プラチナ」というお店(こちら)の、星(スター)、というラーメンです。店主が、「ジョジョの奇妙な冒険」というマンガの大ファンで、全てがそれに因んでいるとのこと。店内は関連のポスターやフィギュア―などで一杯ですが、私には?です。

Dc012302

680円。味玉は前回貰ったサービス券を使いました。三種類の塩をブレンド、豚骨スープ、背脂、の組み合わせはどうかなと思ったのですが、意外にいけます。上に載っているのは、鶏節のスライス、旨み濃厚です。麺は、白金(プラチナ)よりも太めの平麺、スープに合っています。背脂の量は、普通☆、多め☆☆、オラオラ☆☆☆☆、から選べます。塩ラーメンと背脂の相性が判らなかったので普通にしたのですが、オラオラでもいいかもしれません。次回は。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月22日 (金)

地鶏そば麺匠かけはし

Dc012208

中区堀川町にある、地鶏かけはし(本店)、が2014年6月に開いたラーメン専門店です。日頃の行動範囲ではないのでなかなか行けませんでした。

Dc012205

地鶏そば、700円。本店が使っている宮崎地鶏の、白湯スープ、旨みが濃厚ですが、口当たりは意外にあっさりです。麺は少しボソッとした中細、私の好み。ほとんど文句のつけようがありません。ただ、このような切り方のネギは存在を主張しすぎるのではないでしょうか。他に、坦々麺、アジアンヌードル(ベトナムのフォーをアレンジしたもの)、赤辛麺(地鶏そばに辛さをプラス)、ご飯物、があります。また行こう。

Dc012202

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月21日 (木)

支留比亜珈琲店

Dc012104

名古屋の珈琲店が、広島本通り店、を昨年10月にオープン。中区本通4-3、広島国際ホテルを南へすぐ西側、以前カフェ器があった所です。間口は広くないのですが、奥行きがあり、二階もあるので、100席は超えそうです。

Dc012110

ランチメニューはなし。人気NO.1のトースト、ハムエッグトースト、600円、と、特製ブレンドコーヒー、400円、を注文。珈琲はさすがに美味、突出するものがなく、穏やかな旨さです。トーストも美味しいのですが、見るからに食べにくそう。慎重にかぶりついたのですが、卵焼きが脱走します。で、二つ目からは爪楊枝を刺して挑みました。

店名の漢字は意味不明ですが、SILVIA という表記があったので、女性の名前に漢字を当てはめたのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月20日 (水)

山辺の道の南端へ

山辺の道&ちょこっと京都、その6。

平等寺から南へ、山辺の道をほんの少し外れたところ。

Dc120556

鳥居には、志貴御縣社。正式には、志貴御縣坐神社(しきのみあがたにますじんじゃ)。右に見える説明板には、この地が磯城瑞籬宮跡(しきみずがきのみやあと)だと書いてあります。第十代崇神天皇の皇居跡と伝えられているところだそうです。

Dc1205247

左、鳥居の奥に見えていた拝殿、右奥、本殿。

Dc120560

山辺の道に戻りしばらく行くとこんな景色。左が音羽山、中央手前は鳥見山(とみやま)、右が多武峰(とうのみね)御破裂山(ごはれつさん)。

Dc1205253

金屋の石仏。建物の中、岩に浮き彫りにされた二体の仏像。

Dc1205252

喜多美術館、休館日でした。前庭にはこの辺りの雰囲気とは異質の現代彫刻。館内展示も山辺の道とは直接関係のないもののようです。

Dc1205257

最終目的地、佛教傳来乃地。河原に碑が建っています。

Dc1205261

この辺りは、大阪湾から大和川を遡ってくる川船の終着点で、海柘榴市(つばいち)と呼ばれる大規模な市があったそうです。

山辺の道から西の方に大きなお寺のような屋根が見えていました。観光案内には何もないのですが、帰りに判りました。天理教敷島大教会です。

Dc120573

ここから想像するに、本部は凄いのでしょう。JR桜井線の駅はほとんど無人駅なのですが、天理駅だけは立派でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月19日 (火)

善七2015

Dc061406広島県竹原市にある藤井酒造の
「善七で楽しむ会」の会員になっています。
酒米の田植えや稲刈り(当然宴会付き)や、
定例会も毎月広島市内で開催されますが、
残念ながらほとんど出席できていません。
年に一回は酒蔵での酒会も開催されます。

一番の楽しみはこのお酒です。
六月頃、四合瓶が三本送られてきます。
去年ブログに書くのを忘れていました。
これが最後の一本。
出来たての頃の味わいは忘れましたが、
半年以上が過ぎ、円くなったようです。
辛さとキレはきちんと残っています。

Dc063015

Dc063016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月18日 (月)

Sushi & Wine Dining TENT

Dc011815

中区中町1-19、本通り BEAMS から南へ300m位、以前「農家の台所」という野菜が主役のお店があったところ、南隣がチェルシーベーグル。

テントのような通りに面したところの奥に入口のドア、入るとレジカウンター、奥に進む通路があり、左側にテーブル席、右側が色々なものが置いてあるカウンター、その向こう側に調理スペース。さらに奥の方にもテーブル席。

Dc011805

カウンターの左側にサラダバー、みそ汁もあります。

Dc011813

右側には、珈琲などの飲み物。

Dc011814

握り寿司8貫ランチ、950円、を頂きました。

Dc011807
クリックで拡大します。

左から、鯛、鮪、鰆、鰹、スズキ、鰤、サヨリ、サーモン、だったと思います。これが目の前に出てきた時はビックリしました。漬けにしたり炙ったり、一手間かけたものもあります。寿司に合うかどうかは別にして、サラダバー、みそ汁、珈琲まで付いてこの値段、お得です。ランチは10種類、一番高いのは、佐賀牛の炙りランチ、1580円、日替わりランチ、850円、もあります。次は、海鮮丼ランチ、890円、かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月17日 (日)

U:ME(ユーミー)のパンたち(その4)

ユーミー(こちら)のパン。

Dc010703
初釜あんぱん。新春のサービス。
Dc010704
鏡餅のようにあんぱん二つ。
Dc010705

Dc122009
洋風あんぱん、160円。
Dc122010
パリパリ生地ともっちり生地、粒あんに塩バター。

Dc122011
てりたまセサミ、145円。
Dc122012
黒ゴマ入りの生地、てりやきチキン、たまごサラダ。

Dc122016
つぶつぶいちごフロマージュ、180円。
Dc122017
紅茶生地、いちごクリームとチーズ。

Dc122018
ウィンナーカメオ、260円。
Dc122020
ロングウィンナー1本。

Dc010706
きのこグラタン、165円。
Dc010707
燻製バターの香り。

Dc011701
柚子胡椒ゴボウサラダエピ、220円。
Dc011702
パンとゴボウ、合います。

Dc011705
ショコラむしパン、140円。
Dc011706
お店では色々な表情。
Dc011707

ラ・ミステール時代よりも、新作続々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月16日 (土)

三輪山平等寺

山辺の道&ちょこっと京都、その5。

Dc120548

山辺の道を歩いて平等寺へ。聖徳太子が創建したという伝承があるほど古いお寺です。神仏習合で大神神社の神宮寺になり繁栄したが、明治の廃仏毀釈で消滅。1977(昭和52)年に再興。

Dc120549

山門と鐘楼堂。山門だけが昔のものだそうです。山門を入ると・・

Dc1205240

左から、本堂、不動堂、二重塔釈迦堂、赤門、稲荷大社。

Dc120552

二重塔釈迦堂の下、熱取り地蔵尊、熱病平癒を祈願。

Dc1205243

山辺の道は鐘楼堂の横を進みます。

Dc120554

平等寺を回って道を進み、振り返って平等寺の方を見た写真。奥に見える階段を登ると赤門です。ここから暫くは雰囲気のいい道でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月15日 (金)

芳辛みそラーメン@我馬

Dc011502

四季のラーメン第参拾壱作、芳辛みそラーメン、880円。豚骨と白味噌をバランスよく融合させ、山椒をきかせた、上品な旨さでありながら、ワイルドな力強さももっています。緑はネギではなくニラ。麺は少し縮れた太麺、これはかなりの傑作です。

我馬三篠本店(こちら)にて。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月14日 (木)

塩ラーメン「スター&プラチナ」

Dc011411

安佐南区祇園三丁目22-30、パチンコ×スロット「ウインク」敷地内にあるラーメン店。昨年十二月初めに開店。入口は奥の方です。

Dc011403

塩ラーメン二種類を提供。背脂こってりの「星(スター)」、680円、端麗キノコ風味の「白金(プラチナ)」、650円、トッピングが幾つか、ご飯もの少し、鶏の唐揚げ、ヴァニラアイス、といったものもありました。

Dc011407

プラチナを選択。鶏清湯スープにキノコの香味油を使っているとのこと、一口目は旨いと感じるが段々慣れてくる。自家製なめ茸は微妙。麺はツルツルで好みの食感、もう少し加水率が低いともっといいと思う。全体的によく出来たラーメンと言えるでしょう。味玉無料クーポンを貰ったので、近いうちにスターを食べに行こう。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

後日追加:
星@スター&プラチナ 
背脂世界@スター&プラチナ
法皇の葱

Dc012801
夜はガッツリ系の営業スタイルになるそうです。

Dc012802

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月13日 (水)

広島菜グリーンカレー

Dc011306

この暖簾に惹き付けられました。登録商標、広島ご当地グルメ、広島菜グリーンカレー。キッチンヴァーリー(こちら)のランチメニューです。ちょっと休んでいて、今日が再開初日とのことでした。

Dc011308

グリーンカレーといえば、ほうれん草などの野菜で緑色にしたもの、それを広島菜でやったという広島ならではの発想、登録商標に値するのかも知れません。残念ながら、色は緑にはなっていませんが、粉砕された広島菜がたくさん入っていました。そのためかどうか、味わいは優しく、そこそこの辛さがあり、よく出来たカレーだと思います。

Dc011310

今は、珈琲のサービスあり。お値段680円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月12日 (火)

大神神社境内(続)

山辺の道&ちょこっと京都、その4。

Dc120541

狭井神社、三輪の神様の荒魂(あらみたま)を祀る。病気平癒の神様として信仰されている。この左奥に・・・

Dc120538

薬井戸。万病に効くという薬水がわき出る井戸。

Dc120540

コップが滅菌装置の中に入っています。

Dc120542

狭井神社の右手、三輪山登拝口。ここからご神体の三輪山に登り拝することが出来ます。標高467m、ここからの行程4km、二時間ぐらいだそうです。

Dc1205234

道を戻り、活日(いくひ)神社、階段を上がると・・

Dc120545

崇神天皇に命じられ、三輪の神様に供える神酒を造った高橋活日命を祀る。杜氏の先祖神として、酒造関係者から信仰される。なので、酒好きの私、ほとんど誰も行かない、工事中で行き止まりの道を進み、参拝しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月11日 (月)

純米吟醸「相模灘」

Dc010725
久保田酒造
神奈川県相模原市
弘化元(1844)年創業

丹沢山系の清冽な伏流水
美山錦と協会九号酵母
日本酒度+2 酸度1.8

香り控えめ
軽い口当たりながら
程よい旨みと辛さ
キレがよく飲みやすい

Dc011001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月10日 (日)

大神神社境内

山辺の道&ちょこっと京都、その3。

Dc120525

薬の神様・狭井神社への参道、久すり道を上ります。

Dc1205216

先ず現れるのが、磐座(いわくら)神社。社殿はなく、神の鎮まる堅固な石(磐座)をご神体とし、少彦名神(すくなひこなのかみ)を祀る。「農神さん」とも呼ばれる、薬の神様だそうです。

久すり道をちょっと離れ、大美和の杜展望台へ。

Dc120529
クリックで拡大します。

素晴らしい景色です。右の方に大鳥居が見えます。その左、耳成山、更にその左、畝傍山、もっと左、少し判りにくいのですが、奥の高い山並みの左、香具山、大和三山がばっちり、背後には三輪山。

Dc120533

ちょっと山を下って、久延彦(くえひこ)神社、知恵の神様。

Dc120535

久すり道に戻り奥へ。市杵島姫(いちきしまひめ)神社。九州宗像の神様である市杵島姫を祀る。海の神、水の神、芸能を司る弁天さまとしても親しまれている。この湖畔に・・・

Dc120537

三島由紀夫揮毫の「清明」記念碑。昭和四十一年、社務所に三泊参籠、山辺の道を散策、三輪山頂へ登拝、拝殿で神職の雅楽講習終了奉告祭に参列、いたく感動して、「清明」、「雲靉靆(あいたい)」と色紙に書いたとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 9日 (土)

クラフトセレクト第5弾

サントリービール、クラフトセレクトシリーズの第5弾。

Dc010710

こんなセットがありました。が、6缶パックはありません。そもそも、販売しているお店が少ない、ということは、売れていないのか。

Dc010716

インディアペールエール。麦由来のいい香り、さわやかな飲み口で、コクがあり、微かな苦み、美味しいと思います。

Dc010405

アンバーエール。柑橘系の心地よい香り、マイルドな旨さです。

第1弾・第2弾はこちら。第3弾・第4弾はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 8日 (金)

大神(おおみわ)神社

山辺の道&ちょこっと京都、その2。

Dc1205205

二の鳥居を進むと先ず見えてくるのが、祓戸(はらえど)神社。体と心を清めてくれる祓戸の神様が祀られています。

Dc1205206

続いて、夫婦岩。

Dc1205210

拝殿の前に、巳の神杉。

Dc120522

これが拝殿。ここには本殿はありません。三輪山がご神体だからです。拝殿の向こう側に、三ツ鳥居、というものがあり、拝殿と共に国重要文化財になっています。拝観させて貰えますが、正面から見ることは出来ず、写真撮影禁止です。興味があれば、神社のHPなどに出ています。

大神神社の境内は広大です。摂社もたくさんあります。一時間以上かけてほとんどを回りました。次回からはその報告、下の図参照。

Dc010701
クリックで拡大します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 7日 (木)

支那そばや

Dc010717

そごう広島店、全国のうまいもの大会(~13日)にて。言わずと知れたラーメン界のカリスマ的存在、故佐野実創業のお店。10数年前、広島にも支那そばや暖簾分けのお店が出来、大繁盛、しかし、店主が病気になったとかで、一年ほどで閉店。二・三度食べに行きましたが、上品だったという印象が残っています。

Dc010719

醤油らぁ麺、849円。やはり上品でした。何かの味が突出することなく、マイルドにまとまっています。チャーシューもメンマもギリギリの薄味、麺は素麺のような食感です。変な言い方ですが、ジンワリと満足しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 6日 (水)

そうめん処森正

山辺の道&ちょこっと京都、その1。

Dc120501

昨12月初め、久し振りの、車を使わない一人旅、JR西日本乗り放題の「おとなびパス」を利用しました。JR桜井線はワンマン、車両内はあまり風情がありません。

Dc120514

三輪駅で下車、大神(おおみわ)神社へ。この二の鳥居の門前に、そうめん処森正(もりしょう)。

Dc1205193

暖簾をくぐると、葭簀の屋根はありますが、テーブルがあるのはお庭、寒い時は辛いと思います。

Dc1205203

奥にはきれいなお庭がありました。

Dc1205197

ひやしそうめん、950円。柿の葉すし、420円。

Dc1205202

葉っぱがきれい。中は同じ鯖。美味しかったけど、ちょっと高いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 5日 (火)

最近貰ったお菓子

Dc120722
バトン・ドールの新製品、オレンジ・ビター。

Dc120728
ディズニーのクッキー。

Dc121306
大分県のさびえる本舗、南蛮菓ざびえる。
Dc121505
ラム酒付けのレーズンが入った白餡、和洋折衷。

Dc122306
ベルギー王室御用達、ジュール・デストルーパーのバーチュオソ。
Dc122507
シナモンクッキーをベルジャンミルクチョコレートでコーティング。

Dc010401
愛媛県宇和島市の会社、デコレのもーにサブレ。
Dc010402
宇和島市のゆるキャラ、「もーにくん」と「もーにちゃん」。

そして、大好きな霧の森大福、も頂きました。
とても美味しいお菓子です。既に記事にしています(こちら)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 4日 (月)

純米大吟醸「鳥海山」無濾過生原酒

Dc010258Dc121516

明治7(1874)年創業
秋田県由利本荘市の天寿酒造

酒会で飲んで美味しかったので、
前回、純米吟醸を購入、
今回は純米大吟醸。

少し酸が効いた旨み。
微妙な渋みが感じられ
私の好み。



Dc010256

Dc010257

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 3日 (日)

End Mark エンド・マーク

サロンシネマ、シネツイン、八丁座、を運営する(株)序破急が発行する、"MONTHLY CINEMA CLIP"(表紙の左上)。CLIP は(新聞・雑誌などの)切り抜き、(映画などの)カットされた場面、といった意味。その右に、「映画はエンドマークで終わり、映画ファンはエンドマークから生まれる」。私が見る映画のほとんどがこの三館と横川シネマで上映されるものです。とはいえ年々、観る本数が減っています。この五年、52本→49本→33本→27本→22本。観たい映画がないわけではありません。ルーティーンワークの中に映画鑑賞の時間を入れるエネルギーが欠如しているのです。変な言い方ですが、要するに、行動力が落ちているのでしょう。今年は元気を出そうと思います。

で、エンド・マークです。おそらく二十年以上読み続け、一応保存するのですが、ある程度増えると廃棄するを繰り返してきています。今はその廃棄の時期で、その前に表紙だけでも記録しておこうと思いました。眺めていると当時が思い出されます。しかし何故か、表紙を飾っている映画はあまり観ていません。

Dc123003
この四作、観ていません。

Dc123004
ヒロシマ・モナムール、昔観たかも。

Dc123005
おみおくりの作法、6才のボクが、大人になるまで、いい映画でした。

Dc123006
新サロンシネマ、八丁堀にオープン。

Dc123007
サロンシネマ、タカノ橋から移転。さびしい!

Dc123008
小さいおうち、黒木華、いい女優だと思います。

Dc123009
そして父になる、タイトル秀逸。
(14年に観た「もう一人の息子」、同じテーマでより深刻)

Dc123010
この四作も観ていません。

Dc123011
愛、アムール、東京家族、佳作、リンカーン、見逃した。

Dc123012
小百合さん、魅力的です。夢売るふたり、タイトルからしてよく判らず。

Dc123013
健さん、年齢相応の役を。 私、パッチギ!からの沢尻エリカファン。
少年と自転車、状況が特殊すぎるような、女性向き?

Dc123014
アーティスト、映像重視の映画らしい映画、好みです。
マーガレット・サッチャー、左程好みではないメリル・ストリープが好演。
ヒミズ、園子温の映画、好きです、二階堂ふみ、とてもいい!

今年はいっぱい映画の世界に浸りたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 2日 (土)

日本料理雲海での新春ディナー

ANAクラウンプラザホテル五階でお食事。

Dc010202
鷹の羽、というお部屋。お庭が見えます。

Dc010207
キラキラきれいです。

Dc010205
暗くて見えませんが、左上小さくに「鳥」、その右に大きく「花」、右中央に小さく「月」、箸の下に「風」、箸置きは羽子板の羽根。

Dc010206
御箸染(蟹味噌豆ふ  蟹肉  芽甘草  八方寿)

Dc010212
御祝肴(新春のお祝肴盛り合わせ) 申の麩もちの向こうはカラスミ。

Dc010216
御造里(本日の盛り合わせ) 鮪、鯛、鰤。

Dc010219
御多喜合(海老芋 筍土佐煮 鯛の子福女煮 菜種 ほか)

Dc010220
御家喜物(本日の味噌柚香漬 紅白手網膾 干支丸十甘露煮)

Dc010223
御合肴(鯛かぶら蒸し 焼穴子 海老 葛餡 山葵)

Dc010225
御寿乃物(小鯵伊達巻  蛸湯引き ほか盛合わせ)

Dc010233
御食事(世羅産コシヒカリ 合せ味噌仕立て 上新香)

Dc010235

Dc010236
御水菓子/ 季節果実のカクテルゼリー寄せ
底にバニラムース(?)のようなものが潜んでいます。

お正月らしい料理です。お酒と一緒に美味しく頂きました。

帰りに、ドリミネーションへ。

Dc010240

Dc010252

Dc010251

きれいです。寒くなく、たくさんの人出でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

謹賀新年2016

Dc120701

新しい年が始まりました。年々感慨が薄くなり、今年の目標といったものも思い浮かびません。まあ、力を抜いて、我が家の墓にも書いた、行雲流水、でいきましょう。人生まだ色々な可能性があると信じて。

Dc010106

今年も我が家でお正月、夕食は家族全員・10人で過ごしました。

本年も宜しくお願いします。

*****

以下は、HP、ブログのまとめ、2015年末までの数字。

2005年2月に始めたホームページ( http://sahtan.com/ )、
10年を過ぎました、スカウンターが、78347、
2015年の一年間は、9494、一日平均、26.0。

ブログの方は、容量がほぼ一杯になりました。
有料のものに切り替えようとしたのですが、うまくいかず、
新しいブログを開設しました。

旧ブログは2007年2月開始、
訪問者数が、348509、ページビューは、665969。
この一年では、
訪問者数が、39825、ページビューは、76466。
この新ブログは2015年10月開始、
訪問者数が、3721、ページビューは、6722。
この一年で新旧合わせて、
訪問者数が、43547、ページビューは、83188。
一日平均にすると、
訪問者数が、119.3、ページビューは、227.9。

自分の為の記録、そして、友人への近況報告のつもりで始めたものが、これだけ多くに人に見てもらえているということにビックリポン、そして、感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »