« 美穂(びほ) | トップページ | イングランドの丘 »

2015年12月15日 (火)

百舌鳥(もず)

Dc121512

串焼き、水炊きのお店。狭い階段を上がって二階へ。

Dc121507

上がってすぐに、鉄板のあるカウンター。奥に個室5つ(多分)。一人なのに一番手前のこんな個室に。左の戸を開けると広い部屋になるようです。

Dc121509

ランチは二種類、700円、広島赤鶏を使った、「至高の一品」親子丼ぶり(何故か「ぶり」が付いてます)、「究極の味」鉄鍋焼飯。なにやら美味しんぼの親子対決のようです。焼飯を食べようと思ったのですが時間がかかるとのことで丼に。広島赤鶏は高宮町の産、柔らかくなく固くもなく、クセのない肉とのこと。たまごがトロトロ、肉もたくさん入っていますが、量は成年男子には少ないかも。

中区本通4-2、国際ホテルから南へ行く通り沿い。

|

« 美穂(びほ) | トップページ | イングランドの丘 »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百舌鳥(もず):

« 美穂(びほ) | トップページ | イングランドの丘 »