« らーめん黒山 | トップページ | 湯布院散策&ちゃんラー »

2015年11月 6日 (金)

不動院建物見学会

Dc110653

アストラムライン不動院前駅から見える不動院です。こんなに身近にあるのに、未だに行ったことがありませんでした。たてものがたりフェスタ2015、のイベントの一つ、不動院建物見学会が今日開催され、定員30名になんとか滑り込むことが出来ました。

Dc110649

楼門、1594年、国重要文化財。建築史家・藤田盟明広島国際大学教授の解説で見学します。日本と中国の歴史を踏まえた建築の話がとても興味深いものでした。寺院の建築には、和様、禅宗様(唐様)、大仏様(天竺様)の三種類があり、不動院は禅宗様(一部和様)だそうです。肘木や垂木の話を実物を見ながら聞いて何となく判ったような気になりました。

Dc110617

鐘楼、1433年、国重要文化財。中の銅製梵鐘(高麗鐘)も国重要文化財、残念ながら見ること出来ず。境内一帯、紅葉が綺麗でした。

Dc110629

金堂、1540年、広島市唯一の国宝。中にも入ることが出来ました。

Dc110641

堂内も本尊以外は撮影可。写真の左に本尊と十二神将が左右に六体ずつ。その幅に合わせて左に写っている左手前の柱とその奥の柱の間隔が決まり、その分、左右のスペースが狭くなっています。で、その二本の柱から右の方に梁が出ていて、その先端の下にそれを支える柱がありません。少し中央にずれているのです。前面の見た目のバランスをとるためだそうで、他ではあまり見られないとのこと。

Dc110647

金堂の花頭窓からの景色、きれいでした。

興味深い話が聞け、充実した二時間弱でした。この前にも結構な距離を歩いていて、ずっと立ちっぱなしだったのがチョットつらかった。

|

« らーめん黒山 | トップページ | 湯布院散策&ちゃんラー »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不動院建物見学会:

« らーめん黒山 | トップページ | 湯布院散策&ちゃんラー »