« リコッタ&フロマージュブラン | トップページ | 霧の封印 »

2015年11月21日 (土)

瀬戸大橋スカイツアー

淡路島を目指しての旅、その1。

Dc102102

10月に淡路島に行くことは早くから決まっていました。小グループの旅行で、我が家だけがちょっと遠くから。なので、前後にもう一泊と考えていたところ、瀬戸大橋スカイツアーが宿泊日の直前にあることを知ったのです。しまなみ海道での同様の催しに何度か申し込み、ことごとく外れていました。さほど期待せずに応募したら、なんと当選、約7倍の狭き門だったそうです。

Dc102117

与島PAの南、北備讃瀬戸大橋の2P主塔の塔頂に、黄色の線の経路で上ります。先ず、写真左の1Aアンカレイジ(橋台)に向かいます。

Dc102119

海側から、階段を上がります。

Dc102123

このエレベーターで上に。右上に見えているのは線路。

Dc102154

むきだしのエレベーターです。

Dc102125

エレベーターを降りたところ。階段を上がって線路の高さに行きます。

Dc102127

ちょうど列車が通りました。右側のスペースは将来新幹線を通すためのものだそうですが・・・ 因みに、大鳴門橋には列車用のスペースが確保されていますが、明石海峡大橋にはないそうです。作られた時代を反映しているのでしょう。

Dc102130

この管理用通路を主塔まで歩きます。足の下には海が見えるのですが、想像していたほどの恐怖感はありません。風の抵抗を少なくするため、このような構造になっているそうです。強風の時は横に数メートル動き、車や列車がぎっしり載ったら下に数メートル下がるようになっているとのこと。

Dc102132

主塔に着いたら階段を上がって道路面の高さに。

Dc102133

ここからはこのエレベーター。先程のものよりは良い乗り心地。

Dc102136

エレベーターを降りると、このような階段を上がり、到着!

Dc102144

クリックで拡大。岡山方面です。

Dc102145

同じくクリックで拡大。四国方面です。凄い景色でした。

Dc102151

帰りは反対側の塔を降ります。アンパンマン列車が通りました。

Dc110302

参加費(保険料)500円。こんなにお土産を貰いました。
一番うれしかったのは・・

Dc111002

とても貴重な体験をさせて頂きました。

しまなみ海道の橋にも又挑戦しようと思います。

|

« リコッタ&フロマージュブラン | トップページ | 霧の封印 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2206241/62619663

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸大橋スカイツアー:

« リコッタ&フロマージュブラン | トップページ | 霧の封印 »