2019年4月22日 (月)

ベーコンちーず・ごま@一本堂

一本堂広島高陽店(こちら)、に新商品がありました。

Dc042109
ベーコンちーず食パン、お値段チョット高くて、600円。
Dc042114
チーズもベーコンもたっぷり。
Dc042201_1
サクサクでいい香り。

Dc042110
ごま食パン、380円。
Dc042113
ゴマたくさん、ゴマ風味ほんのり。
Dc042203_1
チーズを塗ったら、チーズ風味に。プツプツ食感よし。

サンドイッチ用に切れるのはこれだけでした。以前も紹介した、
Dc042104
乳酸菌入り食パン、340円。10枚切り。
Dc042127_1
買ってきてすぐ食べると、一層美味しい。

高陽店、よく新商品を作っています、また買いに行こう。

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

ジャージャー麺@東海

麺工房東海(こちら)にて、ジャージャー麺、980円。

Dc042102

程よい辛さ、肉味噌の旨味、美味しく頂きました。

先日、山椒屋でザージャン麺を食べてから(こちら)、肉味噌がかかった麺料理について調べてみました。結局、よくは判りませんでしたが、中国の「炸醤麺(ジャージアンミエン)」というものが元のようです。炸醤麺は、豚ひき肉にみじん切り野菜を混ぜて黃醤や甜麺醤などで味付けをした肉味噌をかけた麺料理。ここから彼方此方でいろいろ変化したようです。日本での呼称は、ジャージャ麺、ジャージャン麺、ジャージャー麺、(盛岡)じゃじゃ麺、など。ザージャン麺も汁なし担担麺も、同系統の料理なのでしょう。

今日は店主・王明春さんが居ないだろうという情報があったので、ジャージャー麺は食べれないと思っていました。手打ちが売りなのですが、店主しか打てないのです。しかし、メニューにありました。ただし、「手打ち」が消されて「機械打ち」に、その為、100円安くなっています。

Dc120301_2

ポイントカードが一杯になっていたので、二人分無料。

店主が居ない理由は・・・

Dc042103

こちらは、麺工房、ではなく、飯店、です。行ってみたい!

なお、麺工房東海は現在お昼の営業だけになっています。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2019年4月20日 (土)

紀土 純米吟醸酒

Dc041638  1928(昭和3)年創業
 和歌山県海南市の平和酒造

 紀土 ―KID―
 純米吟醸酒 春の薫風
 瓶の色もラベルも春を感じさせる
 春の期間限定商品

 一言で言うと上品
 仄かにいい香り
 口当たり柔らか
 全体的に控え目な旨さ
 穏やかな甘さも感じ
 最後にチョット渋み

Dc041801

Dc041802

| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

ざるうどん@丸亀製麺

Dc041904

今日は冷たい麺を食べたくてウロチョロ、結局行き着いたのはここ。

Dc041903

ざるうどん(並)、290円。いわし天、140円、を添えました。
この二つ、チョット相性がよくなかったような。

丸亀製麺イオンモール広島祇園店にて。
安佐南区祇園三丁目2-1、三階のフードコートにあります。

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

久し振りの、野趣 拓

Dc041601

ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版、で星一つ獲得しました。このことを確信していたので、本の発売前に行こうと思っていたのですが、諸事情で訪問できず。出版から一年ほどが過ぎてやっと、三日前、15日のことです。

ミシュランの評:店主がこだわるのは旬の素材が持つ、味や食感を生かす事だ。例えばスズキと淡竹の潮汁なら実は骨ごと加えて旨味を引き出し、甘鯛なら鱗の香ばしさが心地よい松笠揚げに仕上げるなど。春には自ら山で採る山菜料理を出すことも。調理に実直に向き合う主の姿に好感が持てる。

Dc041612

中区堺町二丁目1-11、むさし土橋店の裏側、少し南になります。カウンター5席、小上がりに掘りごたつ式のテーブル二つ。先客が居て写真が撮れず、代わりにこれまでアップしていない厨房を。

Dc041602
先ずは生ビール(小)。

Dc041603
先付。タイラギ、コゴミ、アスパラ、下に隠れてヨモギ豆腐、上に載っているのは花山葵。

Dc041606
椀物。若竹煮。筍に隠れているのは原木椎茸。

Dc041608
神雷 RISING SUN 純米 山田錦
享保元(1716年)創業、広島県神石高原町の三輪酒造

Dc041610
造り。平目、鰺。上に載っているのは、山葵菜(高菜と同じく芥子菜の一種)、葉山葵、水菜の花。

Dc041613
夢倉敷60、生酛純米、備前朝日米100%
1909(明治42)年創業、岡山県倉敷市の渡辺酒造本店
これは超美味、五味が揃っていて、チョット酸が強い

Dc041810
でんちょう鰈の卵とじ。
別名:レンチョウ鰈、アカシタビラメ、舌平目、牛の舌。

Dc041617
手前、烏賊の卵。奥、イカの軟骨(足と胴体の接続部分)。

Dc041811
猪肉、胡椒。下中央、姫川山椒。右下、野蒜味噌。

Dc041626
筍ご飯。
Dc041618
浅利も入っています。
Dc041624

Dc041629
酒粕のムース。

先月まで、5000円と6500円のコースでしたが、今月から、6500円と8000円のコースになりました。これは8000円のコース、充分にその価値が有ります。

*****

大型連休も通常通り、4月29日から5月4日まで営業。
ただ、5月20から6月1日まで、奥さん出産のため休業、
こういう休み方、いいですね。

これまでの訪問へのリンク:
野趣 拓  
野趣 拓 (二回目)  
野趣 拓 (三回目)  
野趣 拓 (四回目)  

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

へんくつや可部店

Dc041702

安佐北区可部南三丁目1-23、可部街道(国道183号線)安佐市民病院前交差点を東、すぐ南側。

Dc041704

昔このお店でお好み焼きを食べた記憶があります。今日は午後も遅く、軽いものをと思い、焼きそば、680円、にしてみました。ですが、結構ボリュームがあり、そばの食感もよく、美味しく完食、満腹。結局、お好み焼きと同じぐらいの量だったかもしれません。

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

麺彩 kitchen あひる食堂

Dc041604

4月8日、麺屋市川商店(こちら)が山の方へ移転オープン。

Dc041607

今度のお店は広い、写真に写っているところが10席、左の方にテーブル席3つ、後ろの方に六畳の小上がりが二つ、一つは何も置いてなくキッズスペースのような感じ。

メニューは移転前とほぼ同じようです。

Dc041611

まだ食べたことのない汁なし担々麺、680円、追っかけご飯、80円、をオーダー。3辛(基本の辛さ)にしました。「激辛ラー油」、「花山椒」、「激辛」の三つが添えられていますが、必要なし。程よい辛さです。

Dc041616

安佐南区山本四丁目13-53、春日野団地に行く途中の道です。「あひる」は真ん中、左が「あゆみ」(デイサービスセンター)、右が「ゆくる」(肩こり・腰痛・全身もみほぐし)、何か関係があるのか偶然なのか、三つともひらがな三文字。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2019年4月15日 (月)

椎茸の肉巻き

我が家の新メニュー。

Dc031015

椎茸以外に、左には大葉と餅、真ん中には大葉、右には大葉とチーズ、も入っています。酒肴にもピッタリの美味しい一品です。

| | コメント (0)

6Pチーズ@KRAFT

最近、チーズ専門店に行くこともなく、近くで手に入りやすいものを食べてます。

チェダーチーズ。
Dc012607
チェダーチーズ100%使用。コクがあります。

モッツァレラチーズ。
Dc021508
モッツァレラチーズ65%以上使用。柔らか、食べやすい。

カマンベール入り。
Dc021704
カマンベール6%以上使用、なので、「入り」です。クリーミー。

どれも、希望小売価格320円+税。

KRAFTはアメリカの会社、日本での商品展開は森永乳業。
プロセスチーズを最初に作ったのはKRAFTのようです、このことに関して調べると面白いかも。

スーパーのチーズ売り場に行くと、種類の豊富さに驚きます。
結構楽しめそうです。

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

広島おもてなし御膳@かなわ

Dc062804

友人御夫妻、遠方より来たる、かなわにてランチ。
御夫妻は穴子御膳。
私は先月食べた(こちら)ので、今日は、広島おもてなし御膳。

Dc041415

Dc041417

Dc041423

Dc041421

Dc041425

家の奥さんは、新はんなり弁当。

Dc041419
クリックで少し拡大します。ご飯とお汁付き。

川越しに、少し残っている桜と、綺麗になりつつある新緑を愛で、
友と語り合いながら、美味しい優雅なひとときを楽しみました。

| | コメント (0)

«山椒屋